トレンドブログはコピペだけでは成り立たない


どうも、右田です。

ゴールデンウィークは、家族サービスもしながら、トレンドブログ、メルマガ、FB投稿と書きまくっています。

うーん、楽しいな。

 

でも、これがGWじゃなくても続けられるかが勝負だと思っています。

やることを明確化して、やっていかないと結構厳しいというのがわかりました。

とはいえ、平日は、家族サービスはそこまで求められないので、うまくやりたいと思います。

 

先日も紹介した三浦孝偉さんが投稿されたこの記事

http://www.asahi.com/sp/articles/ASK4V0626K4TUOOB012.html

この投稿

パクリ記事、月収350万円 「コピペやめると稼げず」

という内容なのですが、

コピペだけをやっていては、未来が恐ろしいことになるという話だと思うのですが、

記事内容をしっかり読んでいくとただ単にコピペをやっていたようではないというところもあります。

それについて、メンバーがコメントしていました。

 

オリジナリティが大事だというのは分かりますし、
コピペはダメだ!という気持ちも分かりますが、
今のトレンドブログでは、どうしてもコピペは出てきます。
・週刊誌のコピペ
・他サイトの引用コピペ
自分がオリジナリティのある文章を書いても、
それがまたコピペされてしまうことも。
答えを出すのは簡単ですが、
それをどう行動に落とすのかは 簡単でない問題だなと思います。

 

すげー!!やります!!!まず稼ぎます!!

というところは半分冗談で半分本当です。
模倣とパクリの境界線というところでしょうか。

丸っきりのコピペはGoogleからもバツがありますよね。
それを検索した情報をいかにオリジナルにするのかっていうのは
1から文章を起こすより難しいのではないかと感じます。

何よりも

ーーー
手法を教えてもらった。まずはネット検索。いくつかのファッションサイトをのぞく。
そして少しずつ中身をつまむ。文章が同じにならないよう、語尾や言い回しは書き換えるのがコツだ。
写真もアップにすれば雰囲気が変わる。
ーーー
これは情報のキュレーションであって、コピペ記事と呼ばれてしまうのか?
と、まだ実践していない素人の印象でした。

まぁ、キュレーションサイトにも制裁があったという話も聞きますが。

 

トレンドブログで言えば、

「神田沙也加結婚」のネタを書いたとすると、
神田沙也加が結婚したという事実や、相手の名前などの情報は
大手ニュースメディアもトレンドブログ実践者も全て同じです。
(中略)
訪れる人が何を知りたくて、何を求めているのか、
そこをきちんと考えて文章にしていけば、
自ずと価値のある記事とすることができると思っています。
(中略)
自分の記事の役割はなんであるのか、 何を伝えることができるのか、何を伝えたいのか、常に相手のことを考えることが始まりかと思います。

というような感じで、ただ単純にコピペだと未来はないが、そこに「思考」が入るとオリジナルに昇華していくということがよくわかりました。

どれだけ読み手のことを考えていくかも大事だということが。

そして、この投稿に対して、他にもとても学びがある投稿が続いていきます。

 

特にトレンドブログをやり始めた僕にとっては、とてもありがたい投稿でした。

BECメンバーには、トレンドブログで月に100万円近く稼ぐメンバーがいるので、こういう投稿がタイムリーに目にすることが出来るのは、とてもありがたい環境です。

 

もし、あなたがトレンドブログに興味を持って、取り組んでいこうと思うのであれば、上記の内容を意識して取り組んでいくと良いと思います。

 

僕もこのことを意識しだしてから、一気に書く内容が変わり、書く文章量も変わりました。

 

とはいえ、

今から例のような神田沙也加の記事内容を同じように書いて、キュレーションしていては遅く、これもコピペに近くなってくるので、トレンドブログとしては、ある程度のスピードが必要になってくると思います。

 

なので、明日のワイドナショーとかが気になってきているわけですw

 

って、メルマガ読んでいる人しかわからないネタなので、言っていることがわからない人は、下のバナーからメルマガ登録しておいてくださいね。

記事がバズったり、報酬が急に増えたりするととてもエキサイティングなので、トレンドブログはおススメですよ!

 

でも、僕にとっては、文章の技術や知識が増えて、書くことが楽しくなってくるのが一番の収穫なんですけどね!

さて、明日は何を書こうかなー

 

ほな!

  読み終わったら、是非、クリックしてくださいね!!  

人気ブログランキングへ
 
メルマガ登録は画像をクリック!!

 

Follow me!

コメントを残す