BEC チャットワーク

[`evernote` not found]
LINEで送る

どうも、右田です。

明日の東京はヤバいらしいですが、大阪も結構ヤバい感じですね。

冬丸出しのシーズン。

 

でも、

 

熱いのはBECのチャットワーク

 

月曜日の朝、三浦さんからこんなメッセージが。

 

TO 皆様

今週も宜しくです!

さ〜て、個人的にはすんげえ気になる記事です
→ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161120-00000043-san-bus_all

これ、僕が担当している時から話題でしたが、
やっと成立に向けて動き出したようです。

頭の体操でもしましょうか!

これが、実現されたら
ビール市場はどうなるでしょうか?

こういうビールやタバコの税金の変更って、
結局国が得することになりますが

僕ら消費者はどういう動きになるんですかね〜??

<ヒント>
僕が時々話しているビール話題を思い出してみましょう!


それでは、

Thinking time〜〜〜

 

通勤時間にちょうどいい

満員電車の中で、ゲームやったり、ぼーっとしているサラリーマンと違い、

BECメンバーは、生きてるか生きてないかわからないようなサラリーマンとは違う。

 

休み明けの月曜から脳を刺激してくれるんです。

 

それに最初に反応したのは、今週からサラリーマンに復帰した木村さん

 

お疲れさまです。
今週からサラリーマン復帰の木村です。

お題、ありがとうございます。
ちょっと考えてみました。

発泡酒や第3のビールが生き残っているということは、
それだけ需要があるということ。
つまり、ビールを飲みたい人は多いけど、出費を減らすために
発泡酒などで我慢しているということだと思います。

それが、ビールは値下げになるとは言え、発泡酒などは
事実上の値上げになるため、ビール離れが進むと考えられます。

カクヤスでの価格ですが、それぞれ比較してみました。

スーパードライ:186円(ビール)   →164円
スタイルフリー:132円(発泡酒)   →141円
クリアアサヒ :109円(新ジャンル) →136円
もぎたて   :109円

上記のように、現状は第3のビール(新ジャンル)とチューハイが
同価格帯で並んでいますが、それが崩れます。

改めて価格差を見てみても、
ビール離れが進みチューハイに流れる気がします。

それでもビールが飲みたいという人も一定数いると思いますが、
この機会にビールを飲み始めるのではなく、値上げを我慢して
そのまま発泡酒、第3のビールのままになると思いました。

 

朝からビールのカクヤスの価格をリサーチしているのは、全国探しても木村さんかその業界の人ぐらいでしょうw

 

その次に反応したのは、明るいノウハウコレクターばばあ

おはようございます!

ビールの税率が下がることを見ると、元々のビール好きには歓迎されるので、
本物志向を打ち出すビールが増えるのではないでしょうか?

酎ハイの税率も、今後上がる可能性もあるので、
アルコールの入っているものは、すべて税率が統一されれば、
今までビールから離れていた人が復活して、ビール市場自体は増えると思います。

ビールだけに注目すると、以下に二極化するのではと思います。

・ビール
・ノンアルコールビール

アルコール類がすべて同じ税率だとすれば、
金額だけ見ると、お酒かお酒じゃないかに分けられるので、
やはりビール好きな人は、『美味しい』『高級』に”見える”ビールに流れるのかと思いました。

頭の体操、、、ありがとうございます!
今後のビール市場がどうなるのか、また楽しみになりました。

なるほど、なるほど

みんな、ビールを飲みたいのを誤魔化してるだけですもんね。

それにしても、いつも三浦さん愛があふれている投稿www

 

そして、それに続くのは、

ミギー!!w

おはようございます。今週もよろしくお願いします。
タバコ、ビールなどの嗜好品は、金額が変わろうがどうなろうが購入する人が一定数いて、辞めようと思う人も出てくる人も多くなると思います。

タバコを見てみると価格上昇などその他要員に伴い吸う人は減ったと思いますが、税収としては減ってない

http://www.garbagenews.net/archives/2102668.html

ビールも同じように税収が減らないと思われますが、増えない。

よって、ビールを飲む人が少し増え、第三のビールを飲む人が減り、チューハイなど安い他のお酒に流れるか飲む回数を減らす人や飲むのを辞める人も出てくるんだと思います。

 

改行、読みにくいよ!!w

 

すみません、、、。スマホだと綺麗に見えるんですけど、、、

 

なんて、言い訳w

 

そこに三浦さんから

「本当はスーパードライが一番好きなんだけど、、

 奥さんがいつも、のどごし生を買ってくる・・・」

「はーーードライ飲みたい」

↑

こういう人って異常に多いんですけど、
こういう人達ってどうなるんですかねー?

 

やっぱり、ビールに流れるか、酎ハイにいくかなかな?と考えているところへ

 

猛る若者岩月

おはようございます!
お題ありがとうございます。

三浦さんが良く話されていたのは、確か
「ビールだろうが、発泡酒だろうが、第3のビールだろうが、味は対して変わらない」
だったと思います。

であれば‥‥

・ビール好きだけど、経済的な理由で発泡酒や第三のビールを選んでいた層は、大半がビールを飲み始める。

・そこまでビールが好きでもない層は、他のお酒を飲み始める。

・他は大きな変化無し。

となると思います。

 

と、

そこへ三浦さんから
RE
 岩月 雄希さん

いいね! もう少し深掘れる?


そうなってくると、ビール会社がこれから一番
販売戦略で重要になってくるのは・・・????
今回の泰輔のセールス、、

加藤さんも泰輔さんも三浦さんも間宮さんも大して特典の差がないなーー

さて、誰から買う?

価格=特典 に差がなかったら??

因みに、僕が初めてアフィリエイトで100本超えしたのは、 

NBGCの月額3980円のフロントラインマーケティングという教材でした。 

2位に圧勝しました。 

それまで、なんか1位になれなかった・・・ 

その時の条件は、小玉さんから 「今回は特典付けるの禁止」 ということだった。

確か、リストは1500くらいだったな〜? 


セールスモンスターにいた人は、 

坂田さんのCNG理論を思い出してください
濃い!!ディレクションが濃い!!
ビールからアフィリのディレクション。
そこへビールに引き戻すミギーw
価格差がなければ、メディア、広告の質と量、イメージで市場が動くのではないでしょうか?

三浦孝偉さんからコメントが!!

RE
 右田 信一さん

いい感じ!

 

おっし、ずれてなかったwww

 

このやり取りはこの後も続くのですが、朝からめちゃくちゃ頭使いました。

そして、新たな学びもあり、通勤風景も違って見えたりしました。

 

ビールの広告は、どこかな?

 

あっ、このタレント使ってくるか!

 

もうビールの露出増やしてる!

 

とかね。

 

BECでのチャットワークのおかげで、生活が変わるってものです。

 

今日のアンケート!


そして、ここで、あなたに投げかけます。

 

刺激がある生活したいですか?

したくないですか?

 

ほな!

  読み終わったら、是非、クリックしてくださいね!!  

人気ブログランキングへ
 
メルマガ登録は画像をクリック!!

 

Follow me!

コメントを残す