BEC10月度の月一勉強会のゲスト講師はshouさん!

どうも、右田です。

先週末は、BECの月一勉強会でした。

 

10月の勉強会の講師はShouさん!

 

Shouさんをご存知でない人のために

http://createmovie.tokyo/self-introduction/

国内外の数々の広告賞を獲得した経歴のあるCMプランナー

 

えげつない人でしょ。

 

そんな人がBECの勉強会では、講師をされるんです。

 

 

ちなみに、CMプランナーとは、CMの企画・立案をする立場の人

大手広告代理店に就職でエントリーする人は、1万人ぐらいいるみたいです。

で、クリエイティブ職になれるのは、年に1~2人ぐらいだそうです。

しかも、そのクリエイティブ職は一生で1度しか試験を受けるチャンスがないそうなんです。

 

恐ろしく、狭き関門って感じですが、

 

そのうえで、Shouさんは、数々の受賞歴もあるし、僕たちが見たことがあるCMをバンバン作られています。

 

ロッテのガーナチョコレートのCMとかもShouさんが作られてます。

 

 

ちなみに、ShouさんがガーナチョコレートのCMを作ってから、チョコレートのシェアが明治に勝ってNo1になったということ。

 

シェアが逆転することってそう容易な話ではないって、わかりますよね?

 

それをやってしまうような人なんです。

 

そして、そんな人をブッキングしちゃうのが三浦さんなんです。

 

そんなコミュニティーって他にはないですよね。

 

思わず「ムフフ」って言いたくなりますw

 

Shouさんの勉強会もさすが、CMプランナーだなっていう内容で、映像がふんだんにありましたし、

ワークもあり、それに対するディレクションもビシバシでした。

 

あまり体験できないような内容です。

 

Shouさんが、そんなスゴイCMプランナーになったのにも理由があるのだなと思ったのは、

 

広告代理店時代に6,000の立案、3,000回の打ち合わせ、1800回のプレゼンをこなされた

 

これだと思います。

 

どの業界でも一流の人は、結局、人一倍努力している。

人以上に作品を作っている。

 

仕事は、何をどんな量やったか。

そして、意識しているか。

プロ野球選手は、素振りをするのは当たり前。

ただ単に素振りをしても一流にはなれない。

意識しながら、素振りをするから一流になれる。

相手選手の球筋を想像しながら素振りをする。

 

何事も超一流は、意識しながら、多くの量をこなしているのだと思います。

 

また、オリジナルであるか。

 

人の模倣、パクリではなく、オリジナルを数多く生み出すからこそ力が付き、超一流になる。

 

これを聞いて、「全然だめだなー」と思ったんですが、

 

まずは、意識しながら、量をこなしていこうと思います。

 

オリジナルはその次でいいかなーとw

 

いきなりその域でいければ良いんですが、無理だったら、ちょっとでも近づけることをやろうかと思います。

 

他にも学びの多い講義でしたが内容はこの辺りで。

 

懇親会ではShouさんの隣の席に座らせてもらったんですが、

ここでは書けないような話がいっぱいでした。

 

 

 

 

 

読み終わったら、是非、クリックしてくださいね!!
人気ブログランキングへ

Follow me!

コメントを残す